スクリーニング

2月22日分のスクリーニングです。

スクリーニングのコンセプトは、ここをご覧ください。

スクリーニング対象銘柄

電気自動車、リチウムイオン・全固体電池、水素、半導体、5G、再生エネルギー、銅ニッケル、電線、通信販 ...

スクリーニング

みなさん、こんばんは。

今日も荒れて下がりましたが、引けにかけて持ち直してきた感じでした。

今日で3日間下げましたので、週明けは高く始まりそうですが、日経平均のチャートと25日移動平均線との乖離率をみると、目先 ...

スクリーニング

2月18日分のスクリーニングです。

スクリーニングのコンセプトは、ここをご覧ください。

スクリーニング対象銘柄

電気自動車、リチウムイオン・全固体電池、水素、半導体、5G、再生エネルギー、銅ニッケル、電線、通信販 ...

スクリーニング

2月17日分のスクリーニングです。

スクリーニングのコンセプトは、ここをご覧ください。

スクリーニング対象銘柄

電気自動車、リチウムイオン・全固体電池、水素、半導体、5G、再生エネルギー、銅ニッケル、電線、通信販 ...

スクリーニング

2月16日分のスクリーニングです。

スクリーニングのコンセプトは、ここをご覧ください。

スクリーニング対象銘柄

電気自動車、リチウムイオン・全固体電池、水素、半導体、5G、再生エネルギー、銅ニッケル、電線、通信販 ...

スクリーニング

抽出条件は、

・26週線の傾きプラス(※基本的に上昇トレンド)
・25日移動平均線、50日移動平均線、75日移動平均線上、もしくはそれを割り込んでしまった

以上の銘柄をスクリーニングしてみました。

雑談

本日、日経平均の終値が節目の3万円を超えました。

感慨深いですし、歴史的な日でしたが、コロナがなかったら3万円までこんなに早く戻ることはなかったと思いますし、戻ったとしても3~5年以上先だったのかもしれませんね。

日 ...

スクリーニング

抽出条件は、

・26週線の傾きプラス(上昇トレンド)
・25日移動平均線、50日移動平均線、75日移動平均線上、もしくはそれを割り込んでしまった

以上の銘柄をスクリーニングしてみました。

・ ...

テーマ株

地震、すごかったですね。
お風呂に入って立ち上がった瞬間だったので、めまいが起きてしまったのかと焦りました(汗)

週明け、地震関連銘柄が動きそうです。
でも、買いから入るより空売りから入った方が勝つ可能性が ...

スクリーニング, 株式投資 便利ツール

決算発表スケジュール、結果毎の銘柄コードをCSVデータで抽出してから株価分析システムに入力する方法決算発表結果の良い、悪い毎に銘柄コードをエクスポートして、株価分析システムにインポートしたかった人には、ぴったりの方法

今、決算発表シーズ ...

スクリーニング

また表題の件、調べてみました。リアルタイム。
今回は曇りです。
要は微妙というわけですね。

4つ該当しています。
リバウンド狙えるかも!?

抽出条件は、
・一般的に「曇り」評価な ...

スクリーニング

表題の件、調べてみました。

3つ該当しています。
リバウンド狙えるかも!?

ギガプライズは名証です。

抽出条件は、
・一般的には好決算評価
・26週線の傾きプラス(上昇トレン ...

スクリーニング

今日は、新しい感じのスクリーニングをしてみました。

2月5日(金)決算発表済なので、2営業日経って、まあまあ落ち着て来た頃の銘柄で「晴れ」(好決算)だったものを抽出してみました。

抽出条件は、
・一般的 ...

銘柄分析

メガチップスの決算発表に見る出尽くしの怪

2月3日にメガチップスが決算発表しました。

————————–

株式投資の心得、教訓

株式投資で重要な要素に「業績」があります。

私も長年、そう思っていましたが、ある日を境にして、最も重要なのは「需給」だと考えるようになりました。

業績が良くても、需給面が悪いと株価は上がるとは限りません。

スクリーニング

決算発表、真っ盛りですが、今日もウォッチングしている電気自動車、リチウムイオン電池、全個体電池、水素、DX、5G、国土強靭化、銅ニッケル、電線のトレンディな銘柄、あと今回から2020年IPOしたマザーズ銘柄558銘柄のうち、以下の条件 ...

株式投資の技術、知識

5000株、1万株以上など、「買い」で大量に株数を仕込む場合は、以下のポイントに注意すること。

1.(当たり前だが)出来高の多い銘柄を選定すること。
   1万株仕込むなら、1日の平均出来高が少なくとも20万株以上 ...

スクリーニング

こんばんは。

今回は50日移動平均線にタッチしたテーマ性のある銘柄をスクリーニングしてみました。

タッチしている要因ですが、決算発表のマイナスインパクトによる下げが主な原因のところがほとんどです。

...