「買い」で大量に株数を仕込む場合の注意点

5000株、1万株以上など、「買い」で大量に株数を仕込む場合は、以下のポイントに注意すること。

1.(当たり前だが)出来高の多い銘柄を選定すること。
   1万株仕込むなら、1日の平均出来高が少なくとも20万株以上あるものを選ぶ

2.調整タイミング(移動平均線付近)で仕込むこと
  50日線上であればベスト。

3.株価がマイナスの日に買う
  少しでも安く買う

4.決算発表後に仕込む
  大量の株数を持って決算爆弾を浴びると樹海に行きたくなるので。

5.日柄分散させる。
  1万株仕込む場合、最大で1日2000株ずつ仕込む。株価が上昇しているのであれば、買い上がっていく。(ピラミッディング)

6.10%以上儲けたら利食い体勢に入ること。
  銘柄にもよるが、大量の株数を仕込んでいれば、1波動上がるだけでもサラリーマン1か月分の給料くらいは余裕で稼げるので。

7.底値付近で仕込んでいるにもかかわらず、底割れした場合は、上記5の日柄分散によってナンピンが効いてくるが、それでも当初の想定よりも割り込んでくる場合は、10%以内の損失で損切を行うこと。

参考になったらぜひ応援クリックをお願い致します。株ランク