すららネットの四半期決算の感想 評価できる内容だと思います!

みなさん、こんばんは。

すららネットが、本日、四半期決算を発表しました。
簡単にその感想を書きたいと思います。

すららネットの第2四半期決算について

本日のすららネットの株価ですが、世界情勢の不安やNYダウの下げ、また決算前の手仕舞い売りのためか、終始売られる状況で、悲しいことに-252円安の2838円になりました。出来高が20700株でしたが、単に売りが買い指値にぶつけていた感じです。
ここまで安く売らなくても・・・とは思いましたが。

19年12月期第2四半期累計(1-6月)の経常損益(非連結)は5800万円の赤字でしたが、通期の同損益を従来予想の7400万円の赤字→3000万円の赤字(前期は2億2300万円の黒字)に上方修正し、赤字幅が縮小する見通しとなっています。

今回の決算、赤字幅縮小はプラス材料なんですが、売上が修正前よりも修正後が減少しているところが、画竜点睛を欠く状態です。

但し、変化率でみると、売上の減少は11%しかないですが、経常利益で59%、最終利益で71%の改善がみられるので、収益的にはプラスがかなり大きいことが分かります。

売上の減少を懸念している方が多いわけですが、あくまでも当初の計画比と比較しての減少なだけで、昨年比で見れば21%の増加見込みです。

加えて、うまくいけば、最終利益が黒字のシナリオも考えられなくはありません。

そう思うならば、今日の株価下げ過ぎもあり、明日はプラスで動くのではないかと考えます。

決算発表資料を見ましたが、海外の収益化が課題ですね。

あとTVCM効果が薄かったのは残念ですが、すぐに戦略を転換したのは評価できると思います。

TVCMよりも、営業マンに地道に営業活動させるとか、SNSでの口コミでのID数増加の方が、より営業効果が高いのではないかと思います。

すららは、良い学習教材だと思いますので、学ぶ楽しさを世に広めるためにも頑張ってほしいです。

参考になったらぜひ応援クリックをお願い致します。株ランク