全固体電池、関連銘柄

全固体電池、関連銘柄

相場のテーマになりやすい全固体電池について、関連銘柄を調べてみました。

・トヨタ自動車
常温全固体型膜層リチウムイオン電池の試作に成功
2022年にも全固体電池を搭載した電気自動車を販売

・三井金属
硫化物系固定電解質を開発。
全固体電池について、正極材、負極材も開発し、全ての部材供給を目標。

・FDK
全固体リチウムイオン電池の正極材量として、高エネルギー密度を有する「ピロリン酸コバルトリチウム」を開発。

・オハラ
ガラスセラミックス素材「LICGC」を活用した独自添加剤を全固体電池向けに開発。

・日立造船
2020年代後半にEV向けに量産を目指すと表明。

・ニッポン高度紙工業
固体電解シートと全固体二次電池でサムスン日本研究所と共同で特許出願。

・三桜工業
米ソリッドパワーに出資しており、全固体電池を開発していたが、試作品の段階からEV向け実用化の段階に入る。
ソリッドパワーはフォードとも提携。ロール・ツー・ロールで生産できる全固体電池も開発。

・日本電気硝子
全固体ナトリウムイオン電池の電気抵抗を大幅に減少させ、実用可能な水準を確認。2025年中の量産化を目指す。

・マクセルホールディングス
2020年10月からコイン型の小型全固体電池の生産設備導入を開始。
三井金属との協業による材料が使用。

・FDK
世界最高水準の高電圧のSMD対応小型全固体電池を開発。
2022年度に月200万個規模とする計画。

・TDK
全固体電池「セラチャージ」を開発。

・村田製作所
MLCC(積層セラミックスコンデンサ)の技術を活用した全固体電池を開発。
2020年度下期の量産開始を目指す。

・太陽誘電
MLCC(積層セラミックスコンデンサ)の技術を活用した全固体電池を開発。
2021年度中の量産開始を目指す。

・三井金属鉱業
全固体電池の無機物系固体電解質材料を製造。

参考になったらぜひ応援クリックをお願い致します。株ランク