水素・燃料電池展 FC EXPO 2021で株式投資のチャンスと有望銘柄を探る(東京ビッグサイト)

みなさん、こんばんは。

今日は2021年3月3日から開催されている水素・燃料電池展 FC EXPO 2021で、上場企業中心に取材してきました。

出店企業は、このリンクの通りです。

では、早速、気になった会社を紹介していきたいと思います。

日立造船 全固体リチウムイオン電池

造船会社が塗装技術や板金技術を生かして、燃料電池を作っているんです。商船三井も風力発電のブースに出店していました。

 

AS-LIBという全固体電池を宣伝していました。

 

奥に映っているのが、薄型の全固体電池でスマホに入りそうなサイズでした。

 

 

ホンダ カートリッジ式リチウムイオン電池

ホンダが進んでいますよ!さすがだと思いました!

 

こんな感じのカートリッジ式の充電池を開発しています。

電池が切れたら、ステーションに充電されたカートリッジと交換するだけなので、1分以内に交換できてしまいます。今はリチウムイオン電池ですが、ゆくゆくは全固体電池へ切り替えるそうでして、それにも対応している仕様なんですって!

 

これはポータブルバッテリーです。

 

 

 

日進工具 セパレーター切削用工具

一見、地味な日進工具ですが、水素自動車には欠かせないセパレーター用の工具を作っています。

セパレーターとは、これです。
セパレーター自体は、ニシムラという会社で超ミクロン研削しています。

上の写真の溝を削るのが、この工具。
上のセパレーターを1つ作るのに1本使用します。価格は約1万円也。
いまこの工具が、バカバカと売れているんですって。
水素自動車が10万台製造されれば、この工具の売上が20億円(2枚とした場合)という計算です。

 

ちなみにセパレーターは、どうやって使われているかは以下の図を見てください。

 

トヨタ、豊田合成、デンソー、豊通の水素ボンベと燃料電池

目立ったのがFCVの青いボンベですよ!

 

 

ボンベはどこかで作っているわけですけど、そこは絶対狙い目です。

 

 

ちなみにFCV車のボンベって、こうなっているんですって!(驚)
T字型に配列!ボンベは2本ですね。

 

 

岩谷産業 水素ボンベ

ここも青いボンベが目立っていました。

 

ボンベの先端に注目!

 

 

この部分どこで作っているのか気になって良く見たら、JTEKTでした。

FCVは、セパレーター、ボンベが目立ったという印象です。
トヨタブースに燃料電池もありましたけど、入場制限しておりあまりよく見えませんでした。

参考になったらぜひ応援クリックをお願い致します。株ランク